父母の慈愛

もうすぐお盆です。そこで今は兄の家で仏壇の前に保存してくれています父母のテーマのパネルを紹介します。
父が12年前、母も16年前に亡くなりました。そこで震災まえに、ダブルグラスのデザイン製作により完成しました。
父の故郷は長野県小諸、母の故郷は宮城県松島です。父は馬年生まれ、母はネズミ年生まれ、その運命的出会いをイメージしました。2人の想いで、
浅間山と五大堂、その光景をバックに2人仲良くお月見を観ています。夫婦円満、そして兄弟を慈愛してくれた想い出をデザインしました
心静かに手を合わせましょう。

w-glassのアピール

コロナワクチンの予防接種も、2回目が終わり、少々の副作用はありましたが、今後どれだけお客様に安心して来て頂ける
でしょうか。安全をアピールできるかどうか。そこで今回はダブルグラスのアピール度を紹介します。つまり、見て楽しいことを外観で
表現します。右上と左下は設計
事務所の所長さんが、手書きパースで書いていただきました。パンフレットやチラシ、プレゼン用に用いられるほど
の透視図です。ありがとうございました。左上と右下は、現実のライトアップと地下庭園です。見学はOKです。

ランプインテリア

もうすぐ、コロナワクチン接種の日が近付て来ました。今まで自宅待機していた、2人の今後は
どうなるでしょうか。休日にクラシックの音楽を聴いています。そのソファーに座っての写真です。
コロナよ、さようなら!

試行錯誤=w-glass

1ヶ月前にサイト更新のためパソコンに向かっていたら、突然 間違って
WEBサイトはページを表示出来ません  とエラーがでて見られなくなりました。
電話でとい合わせがあり、お客様からどうしたんですかと連絡があったりと大変困りました。
自分ではどうしようもなく、修理屋さんで  sakura labsさんに見てもらい、治して頂きました。
不具合復旧でした。ジャンルの違ったスキルには感服しました。そこで本業のスキルで仕事をお見せします。
自宅の仕事です。玄関と居間に仕切りに入れた。 無彩色パネルです。両方の良さを引き出しました。
クリア系のテクスチャーの違うガラスを自宅の正面をデフォルメしたデザインにしました。

震災10 3.11

震災ランプとなずけました.去年、コロナウイルスの影響で工房待機の時、
何かをしなければ、と考えダブルグラス店舗も壊滅的な出来事を経験をした教訓そして
2人の生徒さんを失ない、また、行方不明の方々もいらっしゃる現状です。
その人達の為に制作し、供養ランプとして地下ギャラリーに飾り、手を合わせました。

名 白薔薇銅壺仕立    デザイン 若林茂男
             製作   若林富美

東日本大震災の余震

11時8分に起きた地震で自宅の多賀城市から25分ほどかかるため東仙台のマイショップに行けず
翌日にしようと覚悟を決め、あきらめておりました。次の日見て、びっくり何事もなかったかのように
きれいなショールームでした。その時の写真です。前回の教訓で地震対策をしていました。

2021 寒中お見舞い申し上げます。

今年の年頭のあいさつでは、ダブルグラスポリシーを貫抜きたい と思います。2人合わせて 137歳
どこまでやれますか。。
ということで、イデアランプ集、となずけました。イデアとはものごとの真の姿を追求する。プラトンの言葉から
取りました。左上はベリーランプです。制作するとすぐ売れてしまいます。左下は白川郷 右上はオレンジ色がきれいリコリス
右下はゴージャスカトレアです。今年1年頑張ります。よろしくお願いします。

野杜海スペシャル

今回、 ステンドグラスコンセプター 若林茂男が気仙沼 大島を応援し復興を後押し 出来たらと思い、新企画デザインを立ち上げたものです。
次回は1つ1つの製品に対するコンセ
プトを紹介しながらWG00-1から掲載しますのでご注目下さい。

残暑お見舞い申し上げます

今年は新型コロナウイルスの影響で、室内の仕事が多くて、しかも近々、台風情報も気になるところです。
さて夏休み中に作った製品をご紹介いたします。左上は愛しき花、レースカーテン越しの日差しに当たるセントポーリア
右上は流行のコロナウイルスの予言を行い,病をのぞける妖怪アマビエ太郎ランプです。左下はブルーの熱帯魚、見ているだけで
涼しくなりそうです。右下は童謡に出てくる、でんでんむしむし、かたつむり のブルー・カタツムリランプです。
少しは涼しくなりましたか。

夏のアイテム

今年は新型コロナウイルス感染で夏まつりやら仙台七夕まつりも開催が無くなり、
大変な夏休みになりました。少しでも明るく過ごして頂く為に、今年もカラフルなダブルグラスの箸置きを使って冷やし中華でも食べてください。